読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機械学習周りのHadoop上のフレームワーク

Hadoop 上の機械学習周りのフレームワークについて調べて簡単にまとめました。 Short introduction to ML frameworks on Hadoop from Yuya Takashina www.slideshare.net この程度の記事ならもはや Twitter でいい気もしますが……。 こっちのほうが流れないの…

隠れマルコフモデルのスライド(+おまけ)

以前研究室のゼミで作った資料を SlideShare にアップロードしました。 おかしなところなどありましたら、指摘していただけると幸いです。 おまけ

HTM 関連の文献まとめ

概要 HTM (Hierarchical Temporal Memory) は、Jeff Hawkins らが提唱した、大脳新皮質をモデル化したとされるアルゴリズムの総称です。 ベイジアンネットワークの一種である Zeta 1 アルゴリズムと、その後継である Cortical Learning Algorithm があります…

「ラフスケッチの自動線画化」論文を読んでみた

gigazine.net ちょっと前にネットを賑わわせたこの論文を読んだので、おもしろいなと思ったところをまとめていこうと思います。 まず、この論文にはアプリケーション(応用)として注目すべき点と、それを可能にした技術的なポイントがあるので、それを整理…

演習1.2 [PRML]

問題文 正則化された二乗和誤差関数(1.4)を最小にする係数 が満たす,(1.122)に類似した線形方程式を書き下せ。 ※式(1.122)については前問を参照。 解釈 演習1.1 の関連問題です。 演習1.1 では、ある実数列 を多項式(1.1)で近似するときに、目標値…

演習1.1 [PRML]

問題文 関数 が多項式(1.1)で得られたときの,(1.2)の二乗和誤差関数を考える.この誤差関数を最小にする係数 は以下の線形方程式の解として与えられることを示せ. ただし, ここで,下付き添え字の や は成分を表し、 は の 乗を表す. ※式番号は本文…